スポンサーサイト

  • 2015.11.19 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    BLOGの切り分け

    • 2015.11.19 Thursday
    • 07:30
    荒神乃庄のBLOGを切り分けています。
    趣味の音楽などは、荒神乃庄・365%​完全に幸せ!(このBLOGです)
    大井川鐵道沿線の紹介などは、荒神乃庄・何かあるを探しに行こう!?​
    イベント出店情報やイベント関連の事は、荒神乃庄・イベントBlog
    ハーブの話やお料理については、荒神乃庄・ハーブの話

    どのBlogも相互にリンクしていますので、リンクから見たいコンテンツを見に行って下さい。
    よろしくお願いします。​
     
    続きを読む >>

    YAMASUKISUのCD

    • 2015.11.06 Friday
    • 15:09
    JUGEMテーマ:ROCK
    私のお友達のBLOGが100万アクセス記念にプレゼントキャンペーンをしました。 何と私が前後賞に当選!2500円分AMAZONでお買い物をして良いとの事だったので、以前から欲しかったYAMASUKI'SのCDを購入してもらう事にしました。 それが本日届きました!!記念に所有しているレコードと一緒に写真を撮りました。 これからは、ipodに入れて、YAMASUKI'Sの音源を持ち歩こうと思います。Nojeeさん、本当にありがとうございました。

    Le Monde Fabuleux Des Yamasuki

    • 2015.11.06 Friday
    • 08:22
    JUGEMテーマ:ROCK
    日本人的に、絶妙で奇妙な音楽 シンガー/プロデューサーとしてフランスで活動していた ダニエル・ヴァンガード(ダフト・パンクのメンバーであるトーマ・バンガルテルの父)が、 シンガー・ソングライター/プロデューサーのジャン・クルジェールと70年代初頭に結成したユニット=ヤマスキ・シンガーズの71年作。 私の記憶では、当初はYAMASUKI'Sというネーミングだったと思います。当時、中学生だった私は、このYAMASUKI'Sのシングル盤が買えなくて、レコード店で何度もかけてもらった記憶があります。 シングル盤のジャケットの裏側には、YAMASUKI DANCEの踊り方が印刷されていたと思います。 『Le Monde Fabuleux Des Yamasuki』、 音作りとしては、日本というか東洋的な要素を散りばめた印象です。私のコレクションの中にも、このレコードはあります。 Limited Edition REd Vinyl バージョンです。時折ジャケットを眺めては、Youtubeで映像を見たりしています。 フランスのTV番組で放映されたらしき動画なのですが、凄いの一言です。YAMASUKIをバックにミニスカートの女性とパンタロン姿の男性が、はっぴを着て、 踊る姿は摩訶不思議な世界を醸し出しています。この映像、私としては、「変だよ!間違ってるんじゃない!でも、ゆるせるよねっ!だって面白いんだもん!」という気持ちになります。
    楽曲「YAMASUKI」は、日本語の単語が散りばめられています。 何回も繰り返される「朝飯ゆうぞ」とか、何となく聴き取れます。 1975年にそれをスワヒリ語にして「A.I.E. A Mwana」というタイトルで歌ったのが、コンゴのブラック・ブラッド (Black Blood)です。 ブラック・ブラッドのヴァージョンをデモトラックとして録音したのが、後に大成功を収めることになるバナナラマ (Bananarama)です。 そして、この曲は彼女たちの1981年のデビュー・シングルとなりました。

    1. YAMASUKI (Yamasuki)
    2. AISERE I LOVE YOU (slow)
    3. KONO SAMOURAI (Yamasuki)
    4. YAMAMOTO KAKAPOTE (Medium)
    5. OKAWA (slow)
    6. AIEAOA (Medium)
    7. ANATA BAKANA (rapide - enregistre “Live”)
    8. SEYU SAYONARA (Medium)
    9. YAMA YAMA (Yamasuki)
    10. FUDJI YAMA (slow)
    11. YOKOMO (Yamasuki)
    12. KASHI KOFIMA (slow)

    リクエストされたメニュー

    • 2015.10.31 Saturday
    • 07:00
    JUGEMテーマ:グルメ
    同じ町内の知り合いの人から、イベントのメニューについてリクエストがありました。そのメニューとは、ベーコンの串焼きです。若い人なので、きっとベーコンが良いのでしょう!グリラーがあるので、焼く事は簡単ですが、お肉の串焼き屋さんが、川根本町の色々なイベントに出店しているので、何か言われると面倒くさいと思っていました。しかし、その人は「全くかぶっていないし、お客さんの要望に応えるのがスジじゃないの。」と。そして、「何か言われても、別に悪いことしているわけじゃないし、言われる筋合いでもないでしょ。言われたら無視していればいいじゃん。」と言っていました。確かにそうですが、ごたごたがあった後なので、すぐにメニューに取り入れるかは「遊」と相談です。食材の仕入れに関しては、以前にお肉屋さんから話をもらった事もあり、何とかなりそうです。検討の余地があるメニューではありますが・・・。
    続きを読む >>

    2015年10月25日のアクセス

    • 2015.10.27 Tuesday
    • 07:43
    JUGEMテーマ:日記・一般
    BLOG開設当初は、金曜日からアクセスが減り月曜日からアクセスが増え始めるというパターンでした。この日はアクセスは219と、日曜日にしては結構アクセスがありました。時間帯別にみるとアクセスの分布に特徴がありました。 7:00と12:00と15:00と19:00のアクセスが抜けた形で分布していました。リンク元のURLは、大井川鐡道関連ページへからのものが増えていました。 アクセスの特徴とリンク元のURLから考えてみると、「一部の観光客は、川根路を観光している時に、私のページを見ている」 という可能性があるという事に気が付きました。それも移動時間が2時間程度の距離手軽に川根路に観光に来る事のできる人達です。
    (現在Blogを切り分けています。このアクセスは、荒神乃庄・何かあるを探しに行こう!?に係るものと推測します)

    まず、7:00にアクセスが多かったのは川根路に到着前の最終調べ。当然観光に来るのだから事前には調べていると思います。 「でも、ちょっと待て、まだ何かあるんじゃないか?」という感じで、BLOGを見てくれているのではないか?という事が考えられました。 もちろん、最終チェックにBLOGを見た人もいるでしょう。 それから12:00のアクセス。7:00から12:00まではあまりアクセスが無いのに、12:00のアクセスはこの日一番のアクセスとなっています。 これは、お昼休憩は観光においても時間を取るので、お昼の休憩時間にアクセスした結果だと捉えました。 15:00は3時頃の休憩時間。19:00は帰宅してからの振り返りと考えました。 このアクセスの持つ意味、私の推論が、「中らずと雖も遠からず」というところではないかと思います。 大井川鐡道沿線の紹介記事は、すこしは観光の役に立っているのではないかと思えた時でした。 既存の事柄だけでなく、観光に係る新しい何かを創り上げ、それを紹介していける場になれる様に努力していきたいと思います。

    薪ラック

    • 2015.10.26 Monday
    • 05:33
    JUGEMテーマ:日曜大工
    薪ストーブを楽しむには、良い薪が結構な量必要になり、保存場所の問題が生じてきます。一般的には軒下に薪を積む場合が多いようです。 軒下に薪を積む場合、中々多く積めなかったり崩れる事が心配です。 今回私は、ホームセンターで簡単に手に入る材料で薪ラックを作りました。使った木材は、2×4の材料です。

    初めての日曜大工。苦労しながらの設計・作成でしたが、満足いく出来上がりでした。 日曜大工の経験が無い方でも簡単に作る事が出来、特別な道具は必要無くドリルとレンチ位あれば大丈夫です。 私が使った道具は、家に放置されていた古いドリルとチェーンソーのメンテナンス用に付いていたレンチ。 木材は、縦横の長さを決めて置き、縦材接合材と合わせてホームセンターで切ってから持ち帰りました。 このラックの良い点は、比較的安価な事・作成が簡単な事・積んである薪の量が把握しやすい事等があります。 手作りなので、当然置き場所に合わせた大きさに作ることが出来ます。市販のステンレスラックを使うと、どうしても置き場所に制限が出たりして、 スペースの有効利用が出来ない場合があります。また2段以上になっているものが殆どなので、薪が積めない空間が出来てしまいます。 注意点は、横下材より縦材を長くしない事。どうしても安定が悪く、薪が崩れる原因となります。 ワッシャーはコの字ボルト前面を省略しても良いと思います。恐らく強度的には問題ないと思いますが、あればあった方が安心感があるのではないでしょうか。私は強度や耐久性を試そうと、ワッシャーはコの字ボルト前面があるパターンと省略したパターンの両方を作成しました。 強度面からコの字ボルトの背面は省略できません。 写真はワッシャーを使用したパターン。

    こちらはワッシャーを省略したパターンです。

    2×4の木材は、T字のプレートで固定し、強度も高めています。

    塗装に関してですが、私はチョコレート色で1回の塗装しました。これでは塗装が不足かもしれないのですが、薪を使い切ったら再塗装して再度薪を積んでいこうと思っています。 モダンな外観の家・屋内に置く場合には横下材・縦材・縦材接合材を各々を置き場所に合わせたカラフルな色に塗装してもオシャレで面白いと思います。 また、縦材接合材の上に小さな鉢植えや木のオブジェを置いても、中々良い雰囲気が出るのではないでしょうか。軒下への設置例です。

    この薪ラック、作り方にとっては結構な大きさになります。薪を使い切り次の薪を積む間、殺風景になってしまいます。 しかし、この薪ラックは薪を積んでいない時にも有効に使うことが出来ます。 その方法は、横下材の長さに合わせて縦材接合材と縦材接合材との間に5-10mm程度のベニヤ板を渡します。ベニヤ板はお好みの色に塗装します。 これで簡単ではありますが、飾り台が出来ます。ちょっとした鉢植えや流木などを使ったオブジェを飾っておくと素敵な空間が演出できます。 室内用に作った薪ラックであれば、その効果はさらに増すと思いますし、 初めからベニヤ板を一枚用意して、縦材接合材の位置を好みの高さに調整し、上の縦材接合材の間に渡して設置すれば、 下の段は薪、上の段は薪ストーブ用の小物等を置いて、すっきりとした収納が出来ます。玄関先の設置例​です。

    材料および作成方法を記しておきます。
    材料(1台につき) 2×4の材料  
    横下材:2本(設置場所に合わせて加工)  
    縦材:4本(設置場所に合わせて加工)  
    縦材接合材:4本(17cm)
    コの字ボルト:4本(8×90mm)
    ワッシャー:16個(8×26mm)
    T字金具:8枚(45mm)
    皿目ネジ:40本(4×16mm)
    スリムビス:16本(3.8×65mm)
    塗料:好みの色を適量(屋外に置く場合が殆どなので、防水・防腐作用のあるもの)
    ベニヤ板(飾り台として使えるようにする場合):横下材×17cmを2枚

    作成方法
    1)木材を塗装しておく(組み上がってからでも良い)。
    2)縦材を設置する下の面から寸法を取り、縦材に縦材接合材をT字金具と皿目ネジを用いて取り付ける。(ネジ止する際にはドリルで穴をあけておくと良い)。
    3)接合材と縦材をスリムビスで止める(ネジ止する際にはドリルで穴をあけておくと良い) 。
    4)横下材と接合材で固定したものをコの字ボルトで仮止めする。この際に9mmのガイド穴をあけておく。ネジ穴をあけた所がささくれる場合があるので、その部分は再度塗装する。
    5)設置場所は軒下の場合が多く、緩やかな傾斜が付いている場合が多いので、設置場所に置いてからなるべく垂直になるような位置でボルトを締める。

    薪ストーブ

    • 2015.10.25 Sunday
    • 07:51
    JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング
    もう少しで寒波がやってくるという天気予報、普通なら「嫌だなぁ。」と思うでしょう。 でも、私は早く寒くならないかなぁ・・・と思っています。 寒さと共に、薪ストーブの季節がやってくるからです。 田舎暮らしの寒い冬、楽しみは「薪ストーブ」で、優しい温もりだけではなく、揺らぐ炎で心が癒されます。 そして、家全体が温まる。揺らぐ炎だけが薪ストーブの癒し効果ではありません。その暖かさも石油ストーブやエアコンなどの暖かさとは別物。癒される暖かさなのです

    「薪ストーブ」のある部屋はかなり暖かく、その前で「遊」と一緒に宴を開くのが至福の時です。 そんな「薪ストーブ」なのですが、メンテナンスと薪集めが結構大変な作業なんです。 薪は購入し、煙突掃除等は業者に頼めば良いかもしれないのですが、それでは薪ストーブと共に暮らす意味合いが希薄になるし資金もかかります。 そんな訳で、薪集めと簡単なメンテナンスは自分で行う事にしています。 まずは薪集め、庵で一年間に使う薪は6-8立方メートル程。木の伐採の話を聞くと、薪用に貰えるかを調べて、貰えるようなら早速貰いに行く事にしています。 山主にご挨拶し、お断りを入れ、それから山から木を下します。この作業が結構大変。そのまま運び出せる木なら良いのですが、 太い木だとその場でチェーンソーで35cmに玉切りしてから運び出す事になります。 勿論、運び出しやすい所に薪の材料がある場合もありますが。 それから持ち帰り薪割をして軒先などに積んで置きます。庵では薪を沢山使う為、薪小屋も立てて薪の収納場所を確保しているのです。 メンテナンスは、定期的なストーブの掃除と煙突掃除。大体月末に行っているのですが、前面ガラスに煤が付き始めたりストーブの温度が上がらない等の現象がみられたら早速煙突掃除をします。 不完全燃焼の状態で薪を燃やすと数日で煙突がつまってしまう事があるからです。 ちょっと煙突掃除の手を抜いて煙突がつまり、煙突を総て外して煙突掃除をしなければならない事態に発展した事もあります。 この場合は、自分一人では出来きないので、業者の人に頼む事になります。私と「遊」の夢だった「薪ストーブ」。大変な事もあるのですが、それ以上に満足しています。 薪ストーブライフも今年で3シーズン目を迎えます。今年の薪は、杉やヒノキの薪ではなく、苦労して集めた雑木の薪です。 雑木の薪は火持ちも良く、灰は畑の肥料として利用できます。雑木の灰は、K(カリ)が多いのだそうです。 暖かい薪ストーブの前で、アイスクリームを使ったデザートカクテルを愉しむ。そんな冬の夜の一時。私と「遊」の癒しの時なのです。

    アクセスログ(Blogを開設して2週間目)

    • 2015.10.23 Friday
    • 14:33
    JUGEMテーマ:日記・一般
    荒神乃庄のブログを開設して2週間目のアクセスログです。 11日(509)、13日(489)、14日(509)のアクセスが500アクセス近辺で推移していました。 私のブログを見て下さった皆様に感謝いたします。1999年にHPを始め(現在閉鎖)、充電期間を挟みながらHPからBLOGという形になり、現在に至っています。 以前のHPで、最高1日1,000アクセスを超える日も何日かありましたが、それはHPを始めてから随分経ち、コンテンツやHPに引き込む仕掛けを作ってきたからです。 今回のBLOGは開設から2週間、イベント出店情報や大井川鐡道の駅の紹介位で、アクセスを稼ぐための人気キーワードも、記事の中に無理やりに入れ込んではいません。

    しかし、これだけのアクセスがあると色々と影響力も出てくるでしょう。 私なりにも記事の内容を練り上げていかなければならないと思っています。 大井川鐡道の駅や駅近辺の紹介は、その場所を詳しく書いてはいません。荒神乃庄のコンセプトとして、「何かあるを探しに行こう!」だからです。 すべての情報をこのBLOGで入手して現地に向かうのではなく、BLOGを見てここに行きたいと思った人が、 情報をより自分に合った形で入手して現地に出かけるという形を取りたいと思っているからです。 総ての詳しい情報を書き散策コースを設定し、「次にはここに行くと良いですよ。」という記事は親切であり、使いやすい情報かもしれません。 しかし、主体(主導権)は私になってしまいます。あくまで主体(主導権)はBLOGを見て、「あっ、この場所に行きたい!」と思って人達です。 この人達に、旅の主体(旅の主導権)を渡す事により、訪れる人達は自分で行きたい所を探し、楽しんでくれると思います。 そこからリピーターが生まれてくるのだと私は思っています。私の記事が気になり、この場所へ行きたいと思ったら、記事にコメントをしていただければ、詳しくご案内できると思います。 その様なやり取りが人と人を繋ぎ、より良い旅の時を過ごせるのではないでしょうか。

    地名の案山子コンテスト2015

    • 2015.10.18 Sunday
    • 20:01
    JUGEMテーマ:イベント情報
    川根本町の地名地区では、2年に一度の割合で案山子コンテストが開かれます。 この地区は、川根では稲作の最北端、大井川水系の綺麗な水が直接流れ込むため、美味しいお米がとれる事でも知られています。 田園の広がる西地名地区でこのコンテストは開かれます。今年も力作揃いです。 まずは、石ちゃんの案山子。デフォルメされた石ちゃんの案山子は喋るんです!手に持っているのは、地名産の猪肉!

    猪の案山子もありました。中々迫力の出来栄えです。

    アナと雪の女王。風景の描写も忘れていません。

    川根本町のマスコットキャラクターの「オチャッピー」とパラグライダー(川根鵜山の七曲パラグライダーパーク)をテーマにした案山子も素晴らしい! 2015年地名の案山子コンテストも素晴らしい出来の案山子が沢山並んでいます。

    復活して欲しいメニュー

    • 2015.10.10 Saturday
    • 03:38
    JUGEMテーマ:イベント情報
     暫く前の話ですが、トーマスフェアに来ていたお子様連れのお客様と話をした事をがあります。「先週最後のナポリタンを買ったものです。美味しかったので、また食べたいと思ってたんですが、今日は無いみたいですね。ナポリタンは、もうやらないのですか?」と言われました。「ありがとうございます。今週から焼きラーメンを作っています。」と答えると、「別のお店でパスタを食べたんだけど、冷製用の細いパスタを使っていて美味しくなかったんですよ。」と言っていました。「すみません。今回、私の作る焼きラーメンは美味しいですよ。」と勧めると、快く1食購入してくださいました。押し売りしたような気になり、「食べたばかりじゃないんですか?」と言うと、「ちょっと食べてみたかったし、ナポリタンが美味しかったから、焼きラーメンもきっと美味しいと思って。」と言って下さいました。私としては嬉しい限りです。そして、トーマスの出発前にもう一度ブースによって下さり、「美味しかったです。」と声を掛けて頂きました。私の手間を掛けた調理を解かってくれたのだと思い、頑張ってレシピ・メニューを考え出店していて良かったと感じる瞬間でした。そのお客様は愛知県(岡崎市だったと思います?)からトーマスフェアに遊びに来ていたのですが、今回トーマスのチケットが取れたので、今週も来たというリピータのお客様です。今は、焼きラーメンが主体となっていて、機材の関係から両方の提供は難しい状況です。しかし、来年もトーマスフェアがあるのなら、方法や機材を考え曜日限定になっても、提供できるように考えていきたいと思います。その際にはのぼり旗も必要だと思い、NETで探しました。気に入ったデザインがこれです。Bの白文字が良いと思っています。
    続きを読む >>