スポンサーサイト

  • 2015.11.19 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Le Monde Fabuleux Des Yamasuki

    • 2015.11.06 Friday
    • 08:22
    JUGEMテーマ:ROCK
    日本人的に、絶妙で奇妙な音楽 シンガー/プロデューサーとしてフランスで活動していた ダニエル・ヴァンガード(ダフト・パンクのメンバーであるトーマ・バンガルテルの父)が、 シンガー・ソングライター/プロデューサーのジャン・クルジェールと70年代初頭に結成したユニット=ヤマスキ・シンガーズの71年作。 私の記憶では、当初はYAMASUKI'Sというネーミングだったと思います。当時、中学生だった私は、このYAMASUKI'Sのシングル盤が買えなくて、レコード店で何度もかけてもらった記憶があります。 シングル盤のジャケットの裏側には、YAMASUKI DANCEの踊り方が印刷されていたと思います。 『Le Monde Fabuleux Des Yamasuki』、 音作りとしては、日本というか東洋的な要素を散りばめた印象です。私のコレクションの中にも、このレコードはあります。 Limited Edition REd Vinyl バージョンです。時折ジャケットを眺めては、Youtubeで映像を見たりしています。 フランスのTV番組で放映されたらしき動画なのですが、凄いの一言です。YAMASUKIをバックにミニスカートの女性とパンタロン姿の男性が、はっぴを着て、 踊る姿は摩訶不思議な世界を醸し出しています。この映像、私としては、「変だよ!間違ってるんじゃない!でも、ゆるせるよねっ!だって面白いんだもん!」という気持ちになります。
    楽曲「YAMASUKI」は、日本語の単語が散りばめられています。 何回も繰り返される「朝飯ゆうぞ」とか、何となく聴き取れます。 1975年にそれをスワヒリ語にして「A.I.E. A Mwana」というタイトルで歌ったのが、コンゴのブラック・ブラッド (Black Blood)です。 ブラック・ブラッドのヴァージョンをデモトラックとして録音したのが、後に大成功を収めることになるバナナラマ (Bananarama)です。 そして、この曲は彼女たちの1981年のデビュー・シングルとなりました。

    1. YAMASUKI (Yamasuki)
    2. AISERE I LOVE YOU (slow)
    3. KONO SAMOURAI (Yamasuki)
    4. YAMAMOTO KAKAPOTE (Medium)
    5. OKAWA (slow)
    6. AIEAOA (Medium)
    7. ANATA BAKANA (rapide - enregistre “Live”)
    8. SEYU SAYONARA (Medium)
    9. YAMA YAMA (Yamasuki)
    10. FUDJI YAMA (slow)
    11. YOKOMO (Yamasuki)
    12. KASHI KOFIMA (slow)

    スポンサーサイト

    • 2015.11.19 Thursday
    • 08:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      花が流れる水中時計

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM